特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPadを持ち運ぶためのバッグ選び

  • カテゴリー:
  • TOOL

こんばんは、傍島です。

iPad2を手にしてウキウキの毎日です。「もうひとつ利用イメージが湧かない」とか「中途半端」とか話していた人達へ「御免なさい」意外に色々な用途で使えます。ウェブページ閲覧とメールチェックだけならば、iPad2でこと足りるので、MacBook Proの前に向かう機会が減りました

さて、毎回のパターンですが、私の場合、新しいガジェットを手に入れるとケースを探します。iPad2と一緒に、水色のスマートカバーを購入したので、本体を「がさっと」入れることができるポーチのような物を探したのですが、そういった物は数が少なく、気に入った物を見つけることができませんでした。ならばと、持ち運びが楽になりそうな普段使いのバッグを検討です。

私はバッグマニアで、下手すればワンクールごとくらいにバッグを買い足すことがあるので、もうウキウキです。

選んだバッグは以下で。

普段使いのバッグは、iPad2以外のガジェットも持ち運びたいので、以下の基準を設けて選択しました。

素材は革以外であること

使い込む程に風合いの良くなる革は魅力的ですが、雨の日やすり傷に気を遣うのと、メンテナンスを心がけないと風合いを楽しめないので、普段使いのバッグは革素材以外のバッグを選びます。


手提げバッグ以外であること

移動中は両手が空く方が何かと都合が良いので、手提げバッグ以外を選びます。ベタなところではリュックが考えられますが、物を取り出そうとした時にリュックを下ろす必要があり面倒なので、今回は「くるっ」と回せば、すぐ取り出せるメッセンジャーバッグを選びます。


金属の留め具が使われていないこと

バッグのふたにジッパーなどの金具が使われて無いこともポイントです。iPad2を出し入れする時に、その金具で傷付くところは見たくありませんし、バッグのサイズが大きくなると、開け閉めするのも面倒です。


資料を入れるスペースがあること

普段使いといっても、仕事の資料を持ち運びたいことがあるので、A4サイズの資料を楽に入るスペースは必須です。資料でなくても、雑誌を入れるにもこれくらいのスペースがあると便利です。


ということで、今回は「BUILT MessengerBag」を選択しました。

110626_bag02.JPG

素材は、耐久性、弾力性、防水性を備えたネオプレーンでできているので、少々の衝撃であれば吸収してくれますし、少々の雨であれば濡れても問題ありません。一般的な物と比較すると仕切りや収納ポケットが多く、ガジェット達と資料を整理して持ち運べます。もちろん、iPad2の収納できるスペースも用意されているので、楽に持ち運びできます。また、金属の留め具は一切使われておらず、ふたはマジックテープ式になっているので楽に開け閉め可能です

110626_bag03.JPG

私の場合は、あれやこれやと悩んで選択するのが楽しいわけですが、今回の目的以外でも使い易いバッグなので、興味のある方はお試し下さい。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next