特集
カテゴリー
タグ
メディア

切って真っ直ぐ縫うだけ! 枕カバーからノートパソコンケースを簡単にDIY

枕カバーはいわゆる枕のケースですが、ほんの10〜20分の一手間を掛けるだけで、ノートパソコンのケースに早変わりします。切って真っ直ぐ縫うだけの簡単なDIYです。

準備するもの

  • 枕カバー
  • ノートパソコン(サイズを測るため)
  • マジックテープ・ボタン(お好きな方で)
  • ミシン・針と糸


冒頭のビデオを見れば作り方は何となくわかるかと思いますが、英語のみですので、以下に作り方の手順をご説明します。

作り方

  1. いらなくなった枕カバーを用意します。パソコンをしっかりと守りたい場合は、クッション性のあるもの(布や緩衝材など)を追加してもいいでしょう。枕カバーの底の方(閉じている方)に、枕カバーの方向に対して垂直にノートパソコンを置きます
  2. ノートパソコンを上に置いた枕カバーを持って、カバーの上へ向かってパソコンと一緒に折り畳みます。これで、ノートパソコン全体がカバーされるはずです。枕カバーの残りの部分は、ノートパソコンケースの折り返しの蓋の部分になります。
  3. 幅広のノートパソコンでない限り、おそらく枕カバーの両端の布が余るはずです。ノートパソコンの1cmほど外側を、まち針やダブルクリップで留めて、不要な部分の枕カバーは切り取ります。
  4. ノートパソコンケースの両端にあたる部分を、針と糸で手縫いするか、ミシンで縫い合わせます。縫い方にこだわる必要はありません。とにかく真っ直ぐ縫えばOKなので、とても簡単です。ソーイングセットは、コンビニやドラッグストアでも簡単に手に入ります。
  5. 縫い終わったら、枕カバーを裏返して縫いしろを内側に入れてしまいます。できあがりがかなり想像できる状態になると思います。試しにノートパソコンを入れてみてもいいでしょう。
  6. ノートパソコンケースの蓋にあたる部分にマジックテープを置いて、本体側の留める部分にも同じくマジックテープを置きます。マジックテープを所定の位置に縫い付けるか、アイロンで貼り付けるタイプのものは貼り付けます。


以上でできあがりです。時間もお金もほとんど掛かりませんので、ノートパソコンケースをわざわざ買いたくない人は、気軽に手作りしてみてください。

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next