特集
カテゴリー
タグ
メディア

人気の高い写真ホスティング&共有サービスから選りすぐりTOP5

写真をアップロードして管理できるサービスを探していると、どれがいいのか迷ってしまうほど色々とあります。日付や場所でタグ付けがしたい、友達と写真の共有がしたいなど、自分の要望にあったものとなると、さらに悩むことでしょう。ほとんどの写真共有サービスにはちょっとした編集ツールがありますし、中には巨大なコミュニティを抱えているものもあります。

今回は中でも人気の高い写真ホスティング&共有サービスTOP5をご紹介。米Lifehacker編集部が、読者に聞いた「写真共有サービスに求めることは何ですか?」という質問の答えを参考に選んでいます。

SmugMug

110607_Hosting-Sharing_02.jpg
「SmugMug」は、写真のクオリティにこだわっているプロ志向の人たちにとって、理想的な写真ホスティングサービスだと言われてきました。有料ユーザーはストレージの容量が無制限になったり、カスタマーサポートがあったり、ギャラリーのテーマが美しくて魅力的だというのが、その理由だと思われます。さらに、写真をすぐにFacebookやTwitterでも共有でき、iOSやAndroidなどのモバイルアプリもあり、複数の写真を編集アプリから直接アップロードすることも可能です。


Picasa

110607_Hosting-Sharing_03.jpg
Googleの写真共有サービス「Picasa」は、当初は小さなサービスでした。ところが年月が経つにつれ、誰もが無料で使える、写真ホスティングや画像共有の機能が充実したサービスとなりました。画像の編集機能やギャラリー管理ツールもありますし、デスクトップアプリで写真をローカルに管理することもできれば、WebアプリでWeb上で共有するギャラリーを作成することもできます。PicasaはGoogleアカウントと統合されているので、モバイルアプリはないものの、PicasaのWebアルバムはAndroid携帯で見ることが可能です。


Photobucket

110607_Hosting-Sharing_04.jpg
「Photobucket」は、ソーシャルネットワークと写真ホスティングサービスのバランスがいいです。Photobucketの良いところは、ユーザーと他の人とをつなぐことができたり、写真をTwitterやFacebookなどを通して世界中の人と共有できたり、自分のサイトやブログに直接写真を貼付けたりできる点。また、iOSやAndroidなどのモバイルアプリもあり、Snapbucketの紹介記事にもあるように、携帯で写真を撮ったら、そのままPhotobucketへアップロードできます。


Facebook

110607_Hosting-Sharing_05.jpg
今や世界中で約7億人が使っている「Facebook」ですが、写真を直接アップロードするのも簡単なので、写真のホスティングやギャラリーとして使うのも簡単です。それに、アップロードした写真を見せたい人にすぐに見せられ、友だちの名前をタグ付けしたり、アップロードしたことを友だちに知らせることもできます(良くも悪くも)。また、すべてのプラットフォームのモバイルアプリもあり、そこから写真を投稿することも可能です。画像編集ツールはありませんので、写真にこだわりがある人には不満かもしれませんが、ソーシャルな機能で補って余りあるように思えます。


Flickr

110607_Hosting-Sharing_06.jpg
写真共有&ホスティングサービスと言えば、最初に知ったのは「Flickr」ではないでしょうか? 有料アカウントを持っていれば、アップロードしたいだけ写真をアップできますし、ギャラリーで写真を管理したり、好きな写真を選んでコレクションしたりもできます。有料といっても安いものですし、ほとんどの写真共有アプリがFlickrへの写真のアップロードに対応しています。Flickrは、テーマやカスタマイズ性、モバイルアプリに関しては、競合サービスに負けるかもしれません(Flickrの公式モバイルアプリは、iPhoneとWindows Phone 7しかありません)。しかし、オープンなAPIや巨大な開発者コミュニティがあり、プロの写真家から普通の写真好きまで、あらゆるレベルの人たちに対応できるサービスです


一度使い始めた写真ホスティング&共有サービスは、使い込んでしまうと途中で変更するのが難しくなってきますので、自分のニーズに合わせて吟味して選ぶのがオススメです。

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next