特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:床から浮いたコーナーデスクをDIY

机を置きたくても書斎どころか、家の中で空いているのは部屋の隅、一人がやっと座れるスペースしかないよー...。そんな悩みを抱えた方でも、このアイデアなら費用がかさむこともなく、ワークスペースをゲットできるのではないでしょうか?

部屋の角というのは、ともすればデッドスペースになりがちですが、壁を活かしたコーナーデスクを設置することによって、有効な空間へと変貌します。壁にL字型のブラケット(棚受け)を取りつけ、ちょっとした板を載せるだけで素敵な棚、もといスタンディング・デスク(立ち机)のできあがり。

ライフハッカー読者でパテントイラストレーター兼グラフィックデザイナーのTom Geislerさんも、IKEAのワークトップ「NUMERÄR」を活用してコーナーデスクを自作し、冒頭画像のようないい感じに。コード穴といい、細部まで抜けのないこだわりやアーティスティックなデザインはさすがですね。

シンプルな構造であるがゆえ、「自分好みに融通が利く」というメリットもあります。長時間の立ち作業に抵抗がある方は、立っても座っても使えるように板の間隔や高さ、枚数などを調節すると良いでしょう。

省スペース化ならウチも負けてないぜ! これは自慢できる! というデスクをお使いでしたら、コメントをお願いします!

Melanie Pinola(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next