特集
カテゴリー
タグ
メディア

野菜や果物の「一人分」の摂取目安をビジュアル化したサイト

野菜や果物の「一人分」の摂取目安をビジュアル化したサイト

心掛けていないと、ついつい不足しがちになる野菜や果物。では実際、どれくらいの量を摂ればいいのでしょう?

フード系ウェブサイト「CHOW」では、主な野菜・果物の一人分の目安(各品目ごと)をビジュアル化したものをまとめています

たとえば、オレンジ・桃・梨は「握りこぶし大」が目安。ブドウは32粒だそうです。また、アスパラガスは4本、ブロッコリーは16房が適当だとか。

これらを含めたビジュアルガイドは、PDFファイル(リンクはこちら・英文)でまとめられています(もちろんこの一覧に載っているもの全部を、一回の食事で食べろというわけではありません)。プリントアウトして、冷蔵庫などのような目につきやすい場所に貼っておくといいかもしれませんね

また、一日に摂取すべき野菜・果物の量については、「米疾病対策センター(CDC)」の算出ツールも便利。年齢・性別と、運動時間を入力すると、一日分の野菜・果物の目安が表示されます。あわせてご参考まで。

How Many Fruits and Vegetables Should I Eat: A Visual Guide | CHOW

Matthew Rogers(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next