特集
カテゴリー
タグ
メディア

YouTubeに動画をアップロードする基本手順

デジタルカメラはもちろん、最近では、携帯電話やスマートフォンのカメラ機能でも、動画を撮影することができますね。

YouTubeは、動画を友人や家族、仲間と共有するのに便利なプラットフォーム。使ったことがない人は、「なんとなく、面倒くさそう...」と感じるかもしれませんが、実際の操作は非常にカンタンです。こちらでは、ビギナーさん向けに、YouTubeに動画をアップロードする際の基本的な手順をまとめました。

■YouTubeのユーザ登録をする(ユーザ登録済なら不要)

まず最初に、YouTubeアカウントを作成します。具体的な手順は次のとおり。

  1. Youtube.comに移動する。
  2. 「アカウントを作成」をクリック(画面の左の青ボタン、もしくは右上のリンクをクリック)。
  3. 個人情報を入力する。Gmailアカウントを持っている場合は、メールアドレスにGmailのアドレスを入力すること。入力が終わったら「同意する」ボタンをクリック。
  4. 3. でGmailのメールアドレスを登録した場合、次に「Gmailとリンクするかどうか?」の確認画面が表示されるので、Gmailアカウントとリンクさせよう。一方、Gmailを登録しなかった場合は、Gmailアカウントを新規作成し、これとYouTubeアカウントをリンクさせる。


これでユーザー登録は完了です。ログインしている間、画面右上に自分のYouTubeアカウント名が表示されます。いったんユーザ登録したら、右上の「ログイン」リンクをクリックし、YouTubeのユーザ名とパスワードを入力すれば、再びログインできます。

■YouTubeに動画をアップロードする

ユーザ登録できたら、いよいよ動画をYouTubeにアップロードします。すでに撮影された動画をアップロードするには、以下のような操作を順に行います。

  1. 画面右上の表示を見て、自分のアカウントでログインしているか確認する。自分のユーザ名が表示されていれば、ログイン状態。
  2. 「アップロード」をクリック。すると、「動画ファイルをアップロード」という画面に移る。
  3. 「動画のアップロード」と「ウェブカメラから録画」という2種類のメニューのうち、「動画のアップロード」のボタンをクリック。
  4. ハードドライブからアップロードしたいファイルを選択。すると、動画のアップロードがスタートする。アップロードが完了するまで、ページを閉じないこと。
  5. 動画のタイトルや、詳細、タグ、カテゴリ、プライバシー設定など、関連情報を設定する。


動画のアップロードが完了してから、オンライン視聴できるまでには、YouTubeのサーバーでの処理に少し時間が必要です。その進行状況はページ上に表示され、100%になったら画面上にリンクが生成されます。また、自分がアップロードした動画は、右上の自分のユーザ名から「マイ動画」を選択すれば、いつでもリスト表示できます

アップロードした動画はもちろん共有可能。URLをコピーアンドペーストするという原始的な方法のほか、動画の下にある「共有」ボタンをクリックすれば、短縮URLや埋め込みコード、ツイッター・フェイスブックからの共有など、様々な共有メニューが表示されますよ。

これら一連の手順は、冒頭の米Lifehackerによるチュートリアル動画(英語)でもご紹介しています。あわせてご覧ください。

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next