特集
カテゴリー
タグ
メディア

SSDへのアップグレードがコスパ的にどうなのか、MacBook Proを使って検証してみた

  • カテゴリー:
  • TOOL
SSDへのアップグレードがコスパ的にどうなのか、MacBook Proを使って検証してみた

SSDドライブは、ギガバイト単位で考えるとHDDよりも割高となっていますが、パフォーマンス、耐久性などが優れているといわれています。

では、実際どのくらいの違いがあるのでしょうか?MacWorld」が2台のMacBook Pro(SSDを搭載したパソコンとHDDを搭載したパソコンそれぞれ一台ずつ)を使ってテストを行い、この違いを検証しています。

Photo by gillyberlin.

SSD へのアップグレードはコストが割高なだけでなく、パソコンの全体容量が減ってしまうというデメリットもあります。MacBook Proのテストでは、320GBのHDDを128GBのSSDにしたことにより、価格が250ドル(約2万円)ほど割高になりました(HDDだと約9万7000円、SSDだと11万7000円)。

AppleのSSDオプションはかなり高価な価格設定となっていて、256GB増設には400ドル(約3万2000円)、512GB増設のためには1000ドル(約8万円)もかかります。

SSD へのアップグレードは、この価格を払っても価値のあるものなのでしょうか?

MacWorldが128GBのSSDにアップグレードした13インチのMacBookパソコンと、標準の5400-rpmドライブ(HDD)を搭載した同機種のMacBookを使い、検証してみました。結果は以下の通りです。

  • SSDへのアップグレードにより、13インチのMacBook Proの起動はかなり速くなっています。SSDは20秒で起動するのに対し、HDDの方は38秒です。ちなみに最速だったのは、フラッシュストレージ搭載の13インチMacBook Airで、こちらは15秒で起動しました。
  • スピードマークテストでは、SSDアップグレードを行ったMacBookは、HDDに比べて20%も速いという結果が出ています。ファイルのコピーが約2倍の速度で行えるほか、その他のファイル操作も目に見えて速くなっています。
  • ディスクに負荷を与えていくテストでは、SSDの高性能プロセッサーにより、MacBook Proの性能を向上できることが実証されました。SSDを搭載したMacBook Proは、500GBのHDDのものよりも8%速いという結果が出ています。


SSDにアップグレードしようかどうかを考えている方は、これらの具体的な検証結果を元に検討してみてください!

スピード向上以外にも、SSDはショック抵抗、使用時の音の静かさ、バッテリーの持ち、耐久性などの面でも優れているので、単純なパフォーマンス以外でもアップグレードする理由は十分にあります。ですが、その代償としてドライブ容量が少なくなってしまうのは避けられないようです

SSDをMacBookに自分でインストールすることも可能(英文記事)。自分で作業を行えば、その分コストも安くなります。SSDのコストパフォーマンスについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

How SSD Affects 13-in 2.3GHz Core i5 MacBook Pro Performance | PCWorld/Macworld

Melanie Pinola(原文/まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next