特集
カテゴリー
タグ
メディア

米エリート校が発見! サウンドを使った睡眠記憶法とは?

資格試験などでは、「知識をいかに多く記憶させられるか?」がポイントのひとつ。書いて覚えたり、声に出して覚えるなど、様々な記憶術がありますね。こちらでは、「サウンドを使うと記憶が残りやすくなる」という研究結果について、ご紹介しましょう。

米ノースウェスタン大学が実施したある研究では、画像を見ている間、もしくは、何かを記憶しようとしている間にサウンドを流すと、眠っている間にも同じ音が頭の中でループし、その記憶が定着しやすいことがわかったそうです。このサウンド効果はそれほど大きなものではないと見られていますが、試してみる価値はあるかもしれません。

ライフハッカーアーカイブ記事「記憶の定着を向上させるには潔く寝ることが大切らしい」でもご紹介したとおり、記憶と睡眠には、何らかの関係があるようです。これにサウンドをプラスすると、さらに記憶に残りやすくなるのかもしれませんね。

Sounds During Sleep May Help You Remember | NPR via Rasmussen College

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next