特集
カテゴリー
タグ
メディア

タッチスクリーンの操作も快適! 防水バッチリの真空パックのタブレットケース「DryCase」

Kindleなら、ジップロックのようなジッパー付きのビニール袋に入れても、ほぼすべての機能が使えますが、iPadなどのタブレットだと、タップやタイピングがうまくできなくなるので、そう簡単にはいきません。そこで、この2つの大事な機能がきちんと使える「DryCase」をご紹介しましょう。

DryCaseは、真空パックで防水バッチリ、タッチスクリーンの操作も快適にできます。そして、なんとヘッドホンのジャックを搭載。これなら、海やプールでも誰にも迷惑かけずに、ビデオや音楽を楽しめます。

iPadケースに60米ドル(日本のAmazonでは7,455円)はちょっと高い...と思うかもしれませんが、バッチリ防水でタッチスクリーンの機能が使えて、ヘッドホンのジャックが付いているなら、納得の金額ではないでしょうか?

実際にDryCaseを試してみたところ、水周りでも快適に使えました。基本的には真空にするケースですが、内部に少し空気が残っていても、スピーカーやマイク機能は使えたので、ヘッドホンをしなくても大丈夫です。

ジップロックを買うよりは高いですが、お風呂でゆっくり使いたい人、これからの季節にアウトドアで使いたい人などは、きちんと防水できる安全なケースを買っておいた方が安心なのではないでしょうか。

DryCase

Jason Chen(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next