特集
カテゴリー
タグ
メディア

OS Xのゴミ箱にあるファイルをキーボードショートカットで元に戻す方法

OS Xのゴミ箱にあるファイルをキーボードショートカットで元に戻す方法

OS Xを『10.6 Snow Leopard』にアップデートすると、Finderから「ゴミ箱のアイテムを元に戻す」という技が使えるようになります。今回はそれをキーボードショートカットで行なう方法をご紹介

削除したものがあとでまた必要になることってありますよね。そのような時にファイルを元の場所に移動する方法は、ファイルを右クリックして「戻す」を選択すればOKです。

しかし、実は「Command Delete」というキーボードショートカットでもそれができます。削除したファイルを戻すために、ファイルを削除する時と同じキーを使うというのはなかなか思いつかないやり方ですね。

「ゴミ箱にファイルを入れて必要になればまた戻す」方法が使えるようになると、ファイルの整理も少しは楽になるかもしれません。ちなみに、ゴミ箱に入れた直後にファイルを戻したい場合は「Command Z」でも可能ですが、他の操作を合間に行なってしまうとこれは使えなくなってしまいますので、ご注意を。

Undelete from Trash to Original Locations | Mac OS X Hints

Whitson Gordon(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next