特集
カテゴリー
タグ
メディア

両面テープと接着剤を使ってケーブルを壁に飾る方法

ごちゃごちゃと絡まったコードやケーブルが丸見えだと、あまりカッコよく見えないかもしれませんが、あえてクリエイティブに飾れば、インテリアの一部になります

DIY派のPalle Olsen氏は、強力接着剤と両面テープを使って、PS3と4本のケーブルを壁に飾っているそう。この例では、BAZIC社の『Super Glue』と3Mの『Scotch 1/2" Mounting Tape』を利用しています。

110523ps3-wallmount2.jpg

具体的な手順は、以下の3ステップです。

  1. デザインを決めて、壁に鉛筆で下書きします。ケーブルの長さより長くならないように気をつけましょう。ケーブルと同じ長さの紐を用意し、壁にテープで留めてその上を鉛筆でなぞっていくと良いです。
  2. 鉛筆で下書きした図案に沿って、両面テープを貼ります。
  3. 両面テープの上に接着剤をのせ、ケーブルを貼っていきます。接着剤はすぐ乾くので、ケーブルを押さえながら進めましょう。


Olsen氏によると、ケーブルをくっつけるには接着剤が必要不可欠だそうです。

ケーブルを飾るDIY術としては、ライフハッカーアーカイブ記事「隠すだけが能じゃない! ケーブルで壁をデコレーションするという発想」でもご紹介しています。あわせて、ご参考まで。

自分の創造力をフルに生かして、自由にケーブルで壁をデコレーションしてみるのもいいかもしれませんね。

Feature Friday: Cords Away | XBMC.org via @rothgar

Adam Dachis(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next