特集
カテゴリー
タグ
メディア

これを持っていればCEOになれる? かもしれない5つの習性

あなたは、CEOになれそうな習性を持っていますか?

『The New York Times』が、「リーダーとして大切なものは何か?」を70人のエグゼクティブに尋ねたところ、答えにある特徴が見えてきました。インタビューを行ったコラムニストAdam Bryant氏が、それを5つの習性としてまとめています。どれも後天的に身につけられ、持っていればキャリアアップが期待できるものだそうです。

  1. あふれんばかりの好奇心
    身の回りのものすべてについて興味があり、質問、疑問がどんどん生まれてくる。
  2. 百戦錬磨で培った強い自信
    逆境をむしろ楽しむような心意気。CEO候補生に求められるのは、過去の失敗をどう生かしてきたか? ということ。
  3. チームの力を熟知
    チームプレイヤーというだけではなく、チームがどう機能するのか? チームとして最大限の結果を出すにはどうしたらいいか? をよくわかっていること。スポーツチームでいえば「プレイメーカー」の役割を持つこと。
  4. 理路整然としたコミュニケーション
    簡潔、シンプル、そして、わかりやすいコミュニケーションができること。
  5. 大胆であること
    居心地のいい場所に安穏とせず、リスクを踏まえて新しい分野に挑戦する力。変化をポジティヴに捉える力。

この5つは、トップエグゼクティブたちが長年の経験の中で学んだ習性で、必ずしも彼らが元々持っていた素質ではありません。原文には、白人で高身長でなければだめだといった、身体的特徴をコメントしている人もいました。

皆さんは、リーダーに大切なものは何だと思いますか?

Distilling the Wisdom of C.E.O.'s | The New York Times

Melanie Pinola(原文/訳:山内純子)

swiper-button-prev
swiper-button-next