特集
カテゴリー
タグ
メディア

子供を変えようとするのではなく、そのままを一緒に楽しもう!

子育てに関する研究によると、親は子供に影響は与えられるものの、完全に変えることはできないのだそうです。そして、親が一番努力できる分野は、親子のきずなを深めていくこととのこと。

経済学教授のブライアン・カプランさんは、親は子育て全般に熱心になりすぎで、それよりも、エネルギーを親が一番良い結果の出せる分野に集中させるほうが無駄がないのでは? とブログ記事で提案しています。

Photo by Malingering

カプランさんは、40年にわたる養子縁組と双子の研究結果について言及しています。その研究では、親が影響を与えようとしている分野は、健康、頭の良さ、幸せ、成功、性格、価値観、審美眼など、育てられるというよりも、もともとの素質によってできる部分が大きいことが分かりました。つまり、自分たちの望む大人になるように子供を変えていくことは、とても難しいということです。

では、長く影響を与えられることは? それは親への感謝です。子供たちは、親との思い出を大切に覚えています

スウェーデンのある研究では、中年と高齢の双子(何組かは一緒に育ち、何組かは離れて育ちました)に、両親がどのように自分たちを育ててくれたのかをたずねました。一緒に育った双子は、離れて育った双子と比較し、とてもよく似た両親との思い出を語りました。親が子供を優しさと尊敬の気持ちを持って育てれば、子供は生きている間ずっとそれを覚えていることでしょう

結論としては、親は将来のための子育てに一生懸命になりすぎており、一緒の生活を楽しむだけで満足していないのです。あまりに将来のための子育てに一生懸命になりすぎると、大切な親子の絆を作ることがおろそかになってしまいます。

親には子供に大事なことを教える役目もありますが、子供の将来のためにやっきになるのではなく、少し肩の力を抜いて、子供が本来持っているものを一緒に楽しむことに集中してみてはいかがでしょうか?

The Economics and Genetics of Parenting | Freakonomics

Melanie Pinola(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next