特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleコンタクトの自動登録の無効化など、Gmailがプチ改良!

Gmailでは従来、送信メールからメールアドレスを取得し、Googleコンタクトに自動登録するのがデフォルトとなっていました。たしかに、手動でアドレスを入力する手間が省けて便利なのですが、登録データがやたら増えすぎるといったデメリットも...。そこでこのほど、Gmailの改変で自動登録を無効化できるようになりました

110409gmail_fixes2.jpg
設定方法としては、Gmailの「設定>全般」にある「連絡先を作成してオートコンプリートを利用」の項目で、「手動で連絡先を追加する」にチェックを入れるだけ。もちろん、メールでやりとりした相手との履歴は検索できるので、必要なときに探して、あとでGoogleコンタクトに追加することは可能です。とくに、デスクトップアプリやAndroidデバイスで同期しているユーザさんにとって、データが増えすぎることで必要な連絡先が探しづらいという煩わしさを解消できて良さそうですね。

このほか、Gmailでは以下のような改良が行われました。

アドレス誤記の警告メッセージの改良

従来Gmailでは、入力したメールアドレスに誤記があると判断すると、警告メッセージが表示されていましたが、どこに誤りがあるのか? がわかりづらいという課題がありました。そこで、この機能が改良され、疑わしいアドレスが特定されるようになりました。


警告メッセージの軽減

「ゴミ箱」に移動したメッセージに返信する場合など、警告メッセージが頻繁に表示されていましたが、このメッセージ表示の頻度が軽減されました。


アクションの移動がスムーズに

メッセージからフィルタを作成すると、すぐにこれを移動できるようになりました。


キーボードショートカットガイドの表示

キーボードショートカットの有効・無効にかかわらず、「?」を叩くとキーボードショートカットのリストが表示されます。


更新ボタン

これまではリンクでしたが、更新がボタン化されました。


いずれもそれほど大掛かりな改良ではありませんが、Gmailの利便性をアップさせてくれる機能となっていますね。

Fixing the little things [Official Gmail Blog]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next