特集
カテゴリー
タグ
メディア

Facebookがセキュリティとプライバシー保護のための機能を追加

Facebookは、プライベートなコミュニケーションでは特に欠かせないサービスとなりつつあるのではないでしょうか? そこで、自分のアカウントのセキュリティを守る、Facebookの新しい機能をご紹介しましょう。

先日Facebookは、最近Googleが導入したのと同じような、2つの認証機能を導入しました。まず一つ目は、Facebookに新しいデバイスからログインする際に、常にコードの入力が必要になりました。もし誰かがFacebookのパスワードを使ってログインしようとしても、今までFacebookにログインする時に使っていたパソコンやデバイス以外からでは、コード無しにログインできません。すでにFacebookにログインしたことのあるパソコンごと盗まれた時には意味がない! と言われるかもしれませんが...。

さらにFacebookは、最近導入したHTTPSサポートの問題を修正。これまでは、Facebookアプリ使用の際にはHTTPへ戻り、手動でHTTPSバージョンに戻すよう促されました。今回この問題が解消され、セキュアではないアプリのページから離れる時には、常にセキュアなHTTPSへ自動的に戻ります。もし、まだHTTPSの設定をしていない方は、すぐにこの設定をオンにすることをオススメします。

また、家族で使っている場合のセキュリティツールも導入。両親向けの記事のリポジトリや、子どもにとって不適切なものを見る時には、通知ができるようになりました。

通常Facebookでは、新しい機能は徐々に導入されていくものなので、まだ自分のFacebookに機能が追加されていなくてもご心配なく、数日中に「アカウント設定」をチェックすれば、追加されているはずです。

A New Suite of Safety Tools | Facebook Blog

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next