特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:閉塞感を打破、より創造的なアイデアを生み出す空間に

デザイナー、写真家、作曲家と多彩な顔を持つJan Skácelík氏のスタジオは、一見ものが雑多におかれた、いわゆる「男の作業部屋」ですが、やる気がわかない、仕事がはかどらないといった空間ではありません。

机が主役のきっちりした仕事場よりも、楽しみやモチベーションが高まるようなクリーンで創造的な環境をつくることにこだわっているからこそ、このような部屋になったのです

ひらめきの瞬間が訪れる機会を増やし、創造的な成果に結びつける機会を増やすため、デスクスペースを狭くして、自由に動きまわれるスペースを広くとっているそうです

言われてみれば、自由な発想や斬新なアイデアを生み出すのに、デスクに張り付いている必要はありません。自分がこの部屋において何をすべきで、何をしたいのか? という利用目的がはっきりしているからこそ、的を射た気配りが行き届き、心地よい一室となっています

自宅で仕事をしていても何だか煮詰まり気味で、「デスク周りを整理整頓して一新してみようかな」という方は、部屋全体のレイアウトも再考してみてはいかがでしょうか。

Jan Skácelík's Studio [Studio Sweet Studio via Apartment Therapy]

Adam Dachis(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next