特集
カテゴリー
タグ
メディア

人に教えたくない!? はずさないお花見デート術

こんばんは。恋愛スタイリストの石田明です。

春といえば桜。お花見の季節ですね。今年はお花見の宴会自粛のニュースもありますが、お酒を飲まずに、静かにまったりと桜を鑑賞するのも、趣があって良いのではないでしょうか。

春は異性との交流も増える時期です。新しく出会った人や、気になる人をデートに誘うのもよいでしょう。しかし、お花見といったイベントは、自分の評価が上がるか下がるかの分かれ道になります。そこで今回は、はずさないお花見デート術をご紹介しましょう。

■お花見はチャンス

クリスマス、バレンタイン、お花見など、ヒトはイベントが好きです。いつもより気持は高ぶっていることでしょう。普段よりテンションが高くなるので、このような機会に強くアタックするとココロを揺さぶりやすいです。その時の気持ちの高ぶりや雰囲気、勢いなども手伝ってくれるので、これを機に思いきってアタックすることをオススメします。普段よりも成功確率はぐんと上がるはずです。

では、デート術のポイントをみていきます。

■夜桜が効果的

まず、お花見デートはできる限りあたりが暗くなる時間帯がオススメです。お花見は意外に体力を使います。昼からはじめると、暗くなるころには疲れてしまい、片付けて帰るだけとなりがち。ただお花見を楽しんで帰るだけでなく、次のデートにつなげるには、夜のお花見が良いでしょう。人間の恋愛感情は「昼よりも夜の方が高ぶる」という点も重要です。

例えば、夜の時間帯に好きな異性にメールでアプローチしたとします。次の日の昼間に自分の打ったメールを読み返してみると、「なんで、こんな内容送っちゃったんだろう...」「冷静に見ると恥ずかしい...」といった経験はありませんか? このように、夜は恋愛感情も高ぶるので、夜桜は最高の舞台なのです。

■防寒グッズを多めに用意する

春といっても夜は冷えます。寒くてお花見どころではなくなったら困りますよね? そこで防寒グッズは多めに用意することをオススメします。上着もしっかり着こんでいきましょう。少しでも寒そうな格好をしていくと「寒そうだね、どこかお店に入ろうか?」と相手に気をつかわせ、お花見が台無しになってしまうかもしれないので、注意が必要です。

マフラーなどもしていき、相手が寒そうであれば、そっと渡してあげましょう。いつそういったチャンスがあるかわかりません。チャンスが運良くくるかどうかはわかりませんが、いつチャンスがきてもいいように準備しておくことが重要です。

■人の少ない場所に座る

場所は非常に重要です。シーズン中は他の花見客も多いので、真横で知らない人が騒いでいて雰囲気がぶち壊しに...といったことにならないようにしましょう。

できる限り人から離れ、二人きりになれるような場所を探すと良いです。最初は少し照れもありますが、座ってしまえば大丈夫。一度座って場所を決めてしまえば、なかなか動かないものです。せっかくのチャンスなので、ここでは多少思い切っていきましょう。

■イベントを連鎖させる

お花見を楽しんだ後は、しっかり次のデートの約束をしておきましょう。お花見をしたことで「同じイベントを過ごした関係」となっているので、次のデートの提案をしても自然に聞き入れてくれやすいです。

次はもっとキレイな桜がある場所や、お花見ではなく動物園、水族館などもオススメ。普段誘いづらい場所も、こういったチャンスに提案すると良いです。イベントを連鎖させて、二人の関係を「特別」なものに変えていきましょう

このように、チャンスは舞い降りてくるものではありません。いつチャンスがきても良いように準備しておくことが重要なのです。準備をしている人は、あらゆるチャンスに対応できます。

お花見デートで一歩リードしてみませんか?

Photo by matsubokkuri.

(石田明)

swiper-button-prev
swiper-button-next