特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Ping」の機能を制限するとiPhoneのバッテリーが長持ちする

iOS 4.3にアップデートしてから、どうもiPhoneやiPod touchのバッテリーの持ちが悪くなったと思いませんか? そこで、Ping」の機能を制限すると、バッテリーの持ちが少しよくなります

バッテリーがどれくらい持つかというのは、コードレスのデバイスを持ち歩く人にとって、常に悩ましい問題です。iPhoneやiPod touchの場合、Pingがバッテリーを消耗する大きな原因になっていると言われています。

Pingを使わないようにするには、まず「設定 > 一般 > 機能制限」にパスワードを入力して入ります。そこで、Pingの設定がオンになっていたら、スイッチをスライドしてオフにしましょう。FaceTimeやロケーション系のサービスなど、他にも使っていないものがあれば、同様にオフにしておくとバッテリーの無駄遣いが減りますよ。

iPhoneやiPod touchのバッテリーがすぐに切れてしまう人は、一度試してみてください。

How To Disable the Ping Service On an iPhone or iPod Touch to Save Battery Life | Simple Help

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next