特集
カテゴリー
タグ
メディア

Wikipediaを美しく読みやすくする拡張機能「Wikipedia Beautifier」

  • カテゴリー:
  • TOOL

Chrome:何かと調べたいものがあると、Wikipediaにお世話になってしまいますが、ページがゴチャゴチャして読み難い...と感じている人もいると思います。Chromeの拡張機能「Wikipedia Beautifier」を使えば、Wikipediaが百科事典のサイトのようにスッキリして、読みやすくなります

いかにサイトを読みやすくするか? という観点から、Wikipedia Beautifierは作られており、インストールすると、冒頭画像のようにフォントやレイアウトなどが変わります。

  • フォントは読みやすく、大きくなります。
  • 必要に応じて、サイト上部と左にあるナビゲーションは消せます。
  • 自動的に行揃えとハイフネーション(英単語の途中で改行される時にハイフンで繋ぐこと)がなされます。
  • より見やすくするために適切な余白を設けます。

すべてのサイトに常にこのような読みやすさを追求する必要はないと思いますが、Wikipediaは人によってはかなり使用頻度の高いサイトでしょうから、この拡張機能を使うと快適になると思いますよ。読みやすくするための拡張機能というのも、新しい視点でおもしろいですね。

Wikipedia Beautifier | github

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next