特集
カテゴリー
タグ
メディア

SimpleStyle 第46回:時刻に応じて「計画停電」の予定と電力使用量の実績、放射能値を表示する『quakeLifeHelper0329』

SimpleStyle 第46回:時刻に応じて「計画停電」の予定と電力使用量の実績、放射能値を表示する『quakeLifeHelper0329』
■正確な情報の取得と情報の可視化

Windows用:3・11から2週間が過ぎ、当初の緊張感もだいぶ薄れてきました。震度4くらいの余震があっても(いまも揺れていますが)案外平気になってしまうものです。人間は緊張しつづけられないものなのだと改めて感じます。

こうしたときほど、正確な情報が重要になることはありません。「計画停電」情報と「放射能値」情報をさらに整理しました。

「計画停電」では、東京電力が今日の実績を公開するようになったので、それを表示します。情報は可視化して初めてわかるようになるものです

例によって毎日起動するだけで取得し、今日の電力使用量実績は、起動中1時間に1回最新情報が取得されます。これが『quakeLifeHelper0329』です。

■ワンポイント

初回起動時に「右メニュー-[config]」で、停電のグループ番号と住んでいる県をご登録ください。あとは起動するだけで、今日(今日の停電が終了していたら明日)の「計画停電」の時刻をシンプルに表示します。デスクトップのマスコットとしてご活用いただければと思います。

データは、ウェブから取得しています。

カレンダーは、稲垣しんたろうさんによる「停電カレンダー」、画像カレンダーは、Yahoo! のデータを、 放射能値は、文部科学省のデータを、 電力使用量は、東京電力のデータを使用しています。

起動はスタートアップに登録すると、いっそうお手軽です。

停電の時刻にあわせて、PCの電源を切る機能を検討していましたが、計画停電がやや少なくなったので、見送っています。

事態の急変によって情報環境も変化していて、URLなどがひんぱんに変更されるため、 quakeLifeHelperは3回バージョンアップしました。quakeLifeHelper0329は、大きくいうと5回目のバージョンアップになります。もっとこんな情報がほしいなど、ご意見は、コメントやTwitter、はてなをご利用ください。

quakeLifeHelper0329は、Windows用の無料ツールです。WindowsXPで動作テストしています。ご利用には、.NET Framework3.5が必要です。

[quakeLifeHelper0329]

(美崎薫)

swiper-button-prev
swiper-button-next