特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS 4.3でもウェブアプリはホーム画面から起動するよりSafariから起動した方が速い

最新バージョンのiOS 4.3では、新しいJavaScriptエンジンが2倍速になっているため、Mobile Safariはかなり速くなるという触れ込みでした。ところが、テック系サイト「The Register」によると、ブックマークしているウェブアプリをSafariから起動せずにホーム画面から起動した場合、「ブラウザから起動するよりも何倍も遅い」のだそうです。

ホーム画面からウェブアプリを起動すると、オフラインのデータがたまる問題も含めて、かなり遅くなるので悩まされます...。これは、ユーザーにとってストレスのたまるニュースでもあり、ある種の陰謀説(「Appleがそのウェブアプリを欠陥扱いしているから、純正のアプリをApp Storeからダウンロードしなければ!」)のようなものでもあります。しかし、現状これしか方法はないようです。

今のところ、モバイルのウェブアプリをよく使う人は、Safariを起動してからウェブアプリを開いた方がいいようです。くれぐれもホーム画面にウェブアプリのリンクを追加して、直接ウェブアプリを起動するようなことはやめた方がいいでしょう。

力を入れているかどうかはさておき、Appleがこの問題に取組み、次のリリース辺りでは問題が解消されていることを祈ります。

Apple handcuffs 'open' web apps on iPhone home screen [The Register]

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next