特集
カテゴリー
タグ
メディア

OS Xのヘルプが常に前面に表示される問題を解決する簡単な方法

Macのヘルプビューアは、ちょっとした調べものをするのに便利ですが、作業中のウィンドウの上に表示されるので、作業内容が見えない...という致命的な欠点を抱えています。しかし、ちょっと手を加えてやれば、普通のウィンドウのように他の作業をしているときに、後ろへ隠せます

ヘルプビューアを、ドックアイコン付きの通常ウィンドウとして表示させるには、まずターミナルを開き、下記を入力。

defaults write com.apple.helpviewer DevMode -bool true

入力したらエンターを押します。これで、次回ヘルプビューアを起動する際には、通常のアプリケーションのように開きます。この設定をデフォルト状態に戻すには、

defaults delete com.apple.helpviewer DevMode

と入力してエンターを押しましょう。

もっと詳しく知りたい方は、下記リンク(英文)からどうぞ。Snow Leopardではなく、Leopardを使っている方はもうひと手間かかりますが、同様のことが可能です。

Set Help Viewer window to non-floating mode [Mac OS X Hints]

Whitson Gordon(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next