特集
カテゴリー
タグ
メディア

古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを移行する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL

iPhoneを新しく購入した際の、今まで使っていたiPhoneのデータの移行について紹介します。iTunesのバックアップ機能を使うことで、アプリなどの移行は容易に行なえますよ。

詳細は以下より。

まず、iTunesのバージョンを確認しましょう。iTunesの「ヘルプ」より「バージョン情報」から確認できます。

110309_backup2.jpg

バージョンが9.2以降であれば問題ありません。9.2以前の場合、アップグレードの必要があります。

110309_backup3.jpg

そして、今まで使っていたiPhoneをPCに繋ぎましょう。左欄に表示される「デバイス」からお使いのiPhoneを選択し、右クリック。「バックアップ」という項目があるので、クリック。これで、今まで使っていたiPhoneのバックアップが開始されます。

110309_backup4.jpg

次に、新しく購入したiPhoneをPCに繋ぎます。すると、バックアップをしておいたことで、上記のようなメッセージが表示されます。「バックアップから復元」を選択して「続ける」をクリック。

110309_backup5.jpg

しばらくすると、バックアップからの復元が終わります。復元には10分もかかりませんでした。バックアップの復元が正常に完了したら同期が開始されるので、完了まで待ちましょう。

バックアップ内容は、以下が対象となっています。

  • メールアカウント
  • 連絡先
  • カレンダー
  • ボイスメモ
  • ミュージック
  • ビデオ
  • 写真
  • MobileMe
  • Pod Cast
  • メモ
  • 着信音
  • 各種アプリ
  • etc.

私がやってみたところでは、SMS/MMSの今までの履歴、Safariのブックマーク・履歴、各種アプリの設定、ユーザ辞書なども引き継がれました。簡単にデータの移行ができるので、新しくiPhoneを購入した方は、是非お試しあれ。

[via Softbank お客様配布用資料]

(カメきち)

swiper-button-prev
swiper-button-next