特集
カテゴリー
タグ
メディア

効率良く勉強をするために自分だけのクラウドノートを作る

何か新しいことを覚えたり、勉強したりする方法として、授業でも教科書でも、勉強した内容をノートなどに書くのが一番良いと言われます。確かに、それ以上の方法は無いかもしれません。

「wiki」は、紙の代わりに勉強したい内容を書き留めるには、最高のツールではないでしょうか。「PBWorks」や、携帯であれば「Wikka」などの、テキストを入力する感覚でWebページの作成できるプラットフォームに、空白のwikiを作り、そこに覚えておきたい知識や情報を埋めていくのです

学生であれば、中間試験や期末試験の前に一夜漬けで詰め込み勉強することもある(もしくは、そういった思い出がある)と思いますが、そうなる前に、携帯などから少しずつwikiに情報を入れておきましょう。こまめに情報を書き込んでいれば、wikiがいっぱいになる頃にはかなりの時間をかけたことになります。ただ授業を聞いたり、教科書を読むだけよりも、はるかに勉強内容が頭に入っているはずです。

どこにいてもアクセスでき、情報を簡単に書き込んだり取り出せる、自分だけのノートをクラウドに作る感覚です。学生でなくても、何か新しいことを勉強したい人には、有効な方法だと思いますよ。

How Ricardo Aced Computer Science Using His iPhone [via Study Hacks]

Dave Drager(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next