特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:ライターのオフィスは木の温もりと明るい陽射しの癒し空間

冒頭画像を見ているだけで、木のいい香りが漂ってくるような森林浴の爽快感で、身も心もリフレッシュできそうです。木材で囲まれた空間には、暖かみや安らぎがあるといわれています。良くも悪くも素材は活かし方(使い方)次第。このように美しいと、木という素材の凄さを実感しますね。

建築家Jeremy Levine氏がインテリアデザインを手がけたオフィスは、つい急かされた気分になってしまう仕事場というより、快適な休暇気分にひたれそうな一室となっています

インパクト大の大きな窓は、近隣から部屋の中が「丸見え」にならないか、思わず心配になりますが、そこはさすがプロ。その辺の配慮は完璧です。ご近所さんからはフレームアウトする(視界に入らない)ように入念にコントロールしながらも、景色はドでかくフレーム・イン。床と壁はカエデ(メイプル)材、天井はスギ(シーダー)材と場所に応じて使い分けています。ダグラスファー(ダグラスモミ)材は、森の中の山小屋にいるような感覚を引き起こしてくれます。

インテリアの設計から内装材への木材利用法に至るまで、木に囲まれて暮らすことの良さや自然の中でくつろげる雰囲気を大切にしていることが伺える設計です。別アングルからの画像は以下にて。

110302workspaceintrees2.jpg

Urban Cabin - Writer's Office [Lifehacker Workspace Show and Tell Pool]

Adam Dachis(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next