特集
カテゴリー
タグ
メディア

SimpleStyle 第41回:コマンドラインからでも手軽に予定を登録できる『GoogleCalendarAdd』

  • カテゴリー:
  • TOOL
SimpleStyle 第41回:コマンドラインからでも手軽に予定を登録できる『GoogleCalendarAdd』
■汎用のカレンダーをスタンダードな方法でアクセスする

Windows用:予定表はいろいろとありますが、汎用でどこででも使えるものがベターです。とすると、パーツとなるスタンダードな予定表の候補は自然と限られてきます。たとえば、「Googleカレンダー」。 今回は、ブラウザでGoogleカレンダーを開かなくても、日時と項目を入力すれば予定の登録ができる『GoogleCalendarAdd』です

■使い方

3つの枠に、

2011/03/01 19:00 ひな祭り飲み会


のように日付を入れ、「add」ボタンを押すだけ。事前に「config」で、GoogleカレンダーのIDとパスワードを登録しておく必要があります

■ワンポイント

IDとパスワードを設定した直後は、設定が反映されないかもしれません。お手数ですが、再起動してみてください。なにかご意見などあれば、ぜひコメントで。

GoogleCalendarAddは、Windows用のツールです。

Googleカレンダーの実装に関しては、インターネットのさまざまな情報を参考にしました。大いに感謝します。

Googleの提供による「Google.GData.Extensions.dll」「Google.GData.Client.dll」「Google.GData.Calendar.dll」「Google.GData.AccessControl.dll」を「exe」内に同梱しています。

アイコンは、「iconfinder.com」のAleksandra Wolskaさんによる「Calendar, Office, X icon」を使用しました。

[GoogleCalendarAdd]

(美崎薫)

swiper-button-prev
swiper-button-next