特集
カテゴリー
タグ
メディア

とろとろ感が絶妙な半熟ゆで卵をうまく作る方法

黄身のとろとろ感の楽しめる半熟ゆで卵は美味しいですよね。とはいえ、これを実際に作るとなると、なかなか難しいもの。タイミングを逃すと、あっという間に固ゆで状態になってしまいます。そこでこちらでは、半熟ゆで卵をうまく作る方法をご紹介しましょう。

キッチン系ブログメディア「TheKitchn」では、半熟ゆで卵を作る方法を紹介しています。

手順は、以下の4ステップ。

  1. フライパンに半分くらいまで水を入れ、沸騰させる。
  2. 水がすぐに沸かないよう温度を下げ、卵を静かに水の中へ入れる。
  3. 5~7分、卵を火にかける。5分だと黄身がドロっとした状態に、7分だとかろうじて固まった状態になる
  4. 30~60秒、冷水につける。


半熟ゆで卵を食べるときは、ナイフかエッグカッターを使いましょう。そのまま食べても美味しいですが、トーストなどに乗せると、ちょっと贅沢な朝食になりそうですね。ただし、一度調理したら早めに食べ切ってくださいね。

このほか、ゆで卵にまつわるコツとしては、ライフハッカーアーカイブ記事「かたゆで卵はオーブンでも作れてしまうそうです」や「ゆでたまごの殻が一気にツルンとむけてしまう驚きの方法」なども合わせてご参考まで。

How to Soft-Boil an Egg [TheKitchn]

Jason Fitzpatrick (原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next