特集
カテゴリー
タグ
メディア

いよいよ登場! ウェブ版「Android Market」の基本的な使い方

  • カテゴリー:
  • TOOL

従来「Android Market」は、検索するにせよ閲覧するにせよ、なかなか使いづらい面がありましたね。Androidアプリの管理に、『AppBrain』のような第三者アプリを利用している人も、少なくないはず。しかし、この度ようやくGoogleが動き、第一報でお届けしたとおりウェブ版の「Android Market」が公開されました

ウェブ版「Android Market」は、PCから閲覧できるユーザフレンドリーなマーケット。各アプリの詳細情報をチェックしたり、Androidデバイスにアプリをインストールしたり、入手済みのアプリケーションを管理したり、オススメなアプリを友人と共有しあったりといったことが、すべてPC上で行えます。詳しい様子は、以下のデモ動画でもチェックしてみてください。

Android Marketの主な特徴としては、以下が挙げられます。

■ウェブ版マーケットからのアプリのインストール

なんといっても、ウェブ版「Android Market」で最もイケてる機能は、インストールのプロセスです。ウェブインターフェイスからアプリを購入・インストールすると、直接、Androidケータイでアプリがダウンロードされます。

大まかな流れとしては、こんな具合です。

  1. アプリの「Install(インストール)」もしくは「Buy(購入)」ボタンをクリック。
  2. アプリをインストールするデバイスを選択。複数のデバイスを同じGoogleアカウントで同期しいる場合は、そのアプリケーションと互換性のあるデバイスがリストされる。
  3. インストール・購入を確認すると、デバイスがアプリのダウンロードをスタート。


このマーケットで購入・ダウンロードしたアプリケーションの一覧は、「Android Market」画面の右上にある「My Market Account」をクリックすると、閲覧できます。また、このアカウントページから、他のデバイスで購入したアプリを、同じアカウントで連携させている他のデバイスにプッシュすることも可能なので、機種追加や機種変更のたびに、アプリをいちから探す手間が省けます。

110203android_webmarket2.jpg

■マーケットのブラウジング

110203android_webmarket3.jpg

ウェブ版「Android Market」のもうひとつの利点は、PC上でブラウジングできること。ホームページでは「ゲーム」、「アプリケーション」といったように、左側の「CATEGORIES」で、カテゴリやサブカテゴリ別にアプリが分類されています。また、右側には、「FEATURED(注目アプリ)」、「TOP PAID(トップ有償アプリ)」、「TOP FREE(トップ無償アプリ)」の3つのタブがあり、それぞれ注目のアプリケーションや売れ筋のアプリ、人気のフリーアプリをチェックできます。

フロントページからアプリケーションのアイコンをクリックすると、そのアプリケーションの詳細ページが表示されます。アプリケーションの概要やスクリーンショット、動画がチェックできるほか、「USER REVIEWS」のタグではユーザレビューが表示されます。また、アプリの変更履歴が掲載されている「WHAT'S NEW」や、そのアプリが必要としている許可項目がリストされた「PERMISSIONS」といったタブもあります。

ページの左側では、そのアプリの開発者による他のアプリケーションや、類似のアプリケーションが一覧表示され、右側にはQRコードが表示されます。上述のとおり、PC上の操作で直接デバイスにアプリがダウンロードされるので、アプリのダウンロードにQRコードは必要ありませんが、他のユーザとアプリを共有するときに便利でしょう。もちろん、アプリのページをリンクして共有することも可能。右側には、ビルトインの「Tweet」ボタンがあるので、ここをクリックしてツイッター上で共有もできます。

110203android_webmarket4.jpg

■その他

1. 検索機能

110203android_webmarket5.jpg
マーケットにビルトインされている、Googleの検索ツールはとても便利です。どのページにも、右上に検索ボックスがついています。Enterキーを叩くと、検索結果が表示され、右側の「Search Options」から、価格(有償もしくは無償)でフィルターしたり、人気度でソートすることも可能です。





2. アプリ内購入

このマーケットでは、アプリ内(in-app)購入の機能も追加されました。アプリの中で直接、関連コンテンツなどが購入できます。たとえば、e-readerアプリの中で電子書籍を購入したり、あるアプリを「プロ版」にアップグレードしたりといったことが、直接実行可能です。

Androidユーザさんは、早速こちらのページから「Android Market」へどうぞ。使ってみたよ! という方は、感想などを是非お聞かせくださいね。

Whitson Gordon (原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next