特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:出しっぱなしは厳禁、ナチュラルな美しさがうまく融合した自宅オフィス

仕事の生産性は、自分の能力と仕事を行うための環境によって、ほぼ決まると言われています。忙しくなって煮詰まりかけてくると、どうにもこうにも作業効率が悪くなるので、頭の切り替え、気分の切り替えをうまく行うことも大事

それには心身ともにリラックスし、休息できるような、居心地の良い職場環境を作り出すことが必要です。

読者Sean Petersohnさんの自宅の仕事場は、余計なモノをできるだけ削ぎ落とし、「全体をシンプルに」、「必要最小限(ミニマル)に」をテーマにデザインされています。ご覧のようにデスク周りに並んでいるのは、コンピュータ、周辺機器、一息入れるための飲食物ぐらい。インテリアにいくらこだわっても室内が散らかっていては本末転倒のため、収納スペースにモノをきちんと収めるよう心掛けているそうです。

無機質になりがちなガラストップの机ですが、キーボードマットとラグをバンブー(竹)素材に揃えているのがポイント。硬質な素材感を自然素材の優しい色調と素材感で和らげ、部屋の雰囲気が重くならず、やわらかな印象や落ち着きを与えています。部屋全体に統一感があり、整然と見えますね。その他の画像は以下の写真ギャラリーにて。

110125_02whiteglass.jpg

110125_03whiteglass.jpg

White, Glass, and Bamboo: A Minimalist Workspace [Lifehacker Workspace Show and Tell Pool]

Jason Fitzpatrick (原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next