特集
カテゴリー
タグ
メディア

タブレット用GoogleOS Android 3.0『Honeycomb』スクリーンショットツアー

  • カテゴリー:
  • TOOL

この度、タブレット向けGoogle OS、Android 3.0「Honeycomb」の最新スクリーンショットが公開されました。こちらでは、いくつかの新機能や改善点とともに、画像をご紹介していきます。

※ 以降の画像はクリックで拡大します。

■タブレットUI

今でのAndroid OSとの一番大きな違いは、ユーザーインターフェース。アイコンやウィジェットをより多く並べられるよう、ホームスクリーンが広く作られています

通知バー

110127honeycombss2.jpg

通知バーは下部へ移動。さらに「バック」、「ホーム」、「最近のアプリ」ボタンが追加されています。新しい「最近のアプリ」ウィンドウでは、起動中のアプリの状態が確認できるようです。


ホームスクリーン

110127honeycombss3.jpg

基本的にはモバイルのものと一緒ですが、ショートカットやウィジェットを置けるスペースがとにかく広いです。ホームスクリーンへ置いていないアプリは、ドロワーから起動できます。全ての表示は3Dとなっており、ハードウェアのスペックさえ追いつけば非常に快適そうです。


アクションバー

110127honeycombss4.jpg

Googleが「アクションバー」と呼んでいるこの機能が、新しいUIの最も魅力的なところかもしれません。各アプリそれぞれにおいて、オプション、ナビゲーションなどのメニューがここに表示されます。例えばメールアプリであれば、「新規メッセージ」、「リフレッシュ」の操作が可能です。さらにメッセージを選択すると、「フォルダーへ移動」、「既読にする」などのメールオプションが表示されます。モバイルでは、ハードウェアのメニューボタンを押して表示させていたメニューが、画面上部に表示されるので便利です。


■キーボードとコピーアンドペースト

110127honeycombss5.jpg

新しいソフトキーボードは、より大きく、押しやすい形状へ進化しています。「Tab」などのフルキーボードではおなじみのボタンも表示されるようになり、デスクトップユーザーでも難なく扱えそうです。

Androidのコピーアンドペーストはお世辞にも使いやすくありませんでしたが、Honeycombではそれが改善されています。テキストを長押しで選択(その後にドラッグすれば範囲を広げることも可能)したら、アクションバーからコピーアンドペーストが実行可能です。アクションバーでは、「全て選択」、「カット」、「共有」のボタンもあります。

■タブレット向けアプリ

110127honeycombss6.jpg

ブラウザやカメラ、メールなどのアプリが、タブレットに最適な仕様へ変化しています。ブラウザには、タブのビルトイン、Chromeのブックマーク同期、シークレットモードが搭載され、Googleサイトへのサインインも自動で行ってくれます

110127honeycombss7.jpg

コンタクトやメールはほぼ今までと変わっていませんが、カメラアプリは上の画像のようになっており、なかなかよさそうです。

Android 3.0 SDKのスクリーンショットは、こちらでも見られます。まだ細部までは公開されていませんが、期待の持てる内容となっているので、気になる方はチェックしてみてください。多数追加されたAndroidの欠点を補う機能が、将来的にモバイルにも適用されることを期待したいですね。

Android 3.0 Platform Highlights [Android Developers]

Whitson Gordon (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next