特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macの起動画面に飽きたら、ドラッグアンドドロップで簡単に画像を変更できる『BootXChanger』を!

  • カテゴリー:
  • TOOL

Mac OS X:Macを起動する時に、毎回グレーのリンゴマークが出てくるのに飽きてしまった人もいるかと思います。そのような方々は『BootXChanger』を使ってみてください。起動時の画像をドラッグアンドドロップで簡単に好きな画像へ変更できます

BootXChangerは、使い方がとても簡単な上に、うれしいことに無料です。起動時に使いたい画像をウィンドウにドラッグして「Apply」をクリックする、たったこれだけでOK。Macを再起動すると、新しい画像が起動時に表示されます。

デフォルトの起動画像のサイズは、90×90ピクセルですが、BootXChangerではどのサイズの画像でも起動画像に設定できます。ただ、画像を自動的にリサイズして表示するだけなので、画像をきちんと表示させたい場合は、元の画像と同じ比率にしておいた方が良いでしょう。理想的なのは、背景が透過されている24ビットのPNG画像です。これなら、起動画面の背景にもそのままマッチします。ちょっとしたことですので、利用する人は頭に留めておいてください。

画像の条件が揃っていれば、なんの問題もなく、ほんの数分で起動画像を変更できます。

BootXChanger [via How-To Geek]

Adam Dachis (原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next