特集
カテゴリー
タグ
メディア

鮮やかな光の動きを撮影する方法

光で描く...。なんともキザ? な表現ですが、冒頭動画はまさに美しい光の動きが描かれた映像です。そこで今回は、光の動きを撮影する方法をざっくりご紹介します。

必要なものは以下です。

  • マニュアル設定のスチールカメラ
  • 三脚
  • 光源(フラッシュ、LED、サイリウムなど)
  • 手伝ってくれる人(一人だと寂しい作業なので)
  • 暗い環境
  • 暗がりに溶け込む服

ここからは、上記動画で説明されている撮影方法です。

まず撮影場所となる暗がりへ行きます。カメラを三脚へ取りつけたら、露出を30秒に設定しましょう。そして、カメラに映す範囲を決めたら、友達にスタンバイしてもらいます。光をどのように動かすか、どういった光の動きを撮りたいかなどは、事前に決めておきましょう。オートフォーカスを解除し、ISOをできるだけ低く、f値をできるだけ高く設定したら、準備完了です。あとは、友達に合図を出して連続撮影していきます。撮り終わった写真を連続再生していけば、光で思い思いの線が描かれた映像の完成です。

より詳細な説明を見たい方は、下記リンクも参照してみてください。

Painting with Light [Vimeo Video School]

Adam Dachis (原文/訳:松井亮太)

swiper-button-prev
swiper-button-next