特集
カテゴリー
タグ
メディア

Google Appsに送信ドメイン認証機能(DKIM)が追加されました

Googleは、ビジネス向けのオンラインアプリ「Google Apps」に送信ドメイン認証機能(DKIM)を新たに追加しました。大げさではなく、これでメールがスパムとして認識されることはほとんどないと言っていいでしょう。

ブログ「Google Enterprise」には、以下のように書いてあります。

今日、私たちはスパムに対抗する新たな手を打ちました。Google Appsのユーザーは全員、DKIM付きのメッセージを送れるようになりました。ですから、これでメールを送ると、相手のスパムフィルターにほとんど引っ掛かりません。Google Appsは、サインするだけで追加料金無しでDKIMを利用できる、最初のメジャーなメールプラットフォームです。クラウドコンピューティングのおかげで、何百万人もの利用者に、すばやく快適にこの機能を提供できました。

110107_DKIM_02.jpg
この機能を使うには、まずGoogle Appsにログインし、アドバンスツールのタブをクリック。ページ下部にある送信ドメイン認証機能(DKIM)のリンクをクリックして、新しいDNSレコードを作成します(上の画像の右下にある、送信ドメイン認証機能のリンクが見えない場合は、ページをリフレッシュしてみてください)。

新しいDNSレコードの生成は、ドメインホストによって違うため、ここから先の設定は人によって少々変わってきます。基本的には「google._domainkey」という名前の新しいDNS TXTレコードを作らなければならず、TXTレコードの長々とした値がDKIMキーとなります。DNSレコードを保存し、Google Appsで認証を始めるというボタンをクリックすればOKです。DNSレコードによっては、何度かやってみないとうまくいかない場合もあるようです。

原文著者のドメインホストでは「google._domainkey 」という名前では、DNS TXTレコードを作成できないようでした。他のホストではどうなのでしょうか? この方法を試してみた人は、ぜひともコメントお願いします。

Spam takes another hit: email authentication now available to millions of Google Apps customers [Google Enterprise Blog]

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next