特集
カテゴリー
タグ
メディア

ハンドメイド作品のショーケースサイト「COBO」

和製「Etsy」と言った趣です。

SHARE』でも紹介されたハンドメイド作品のクリエイターと買い手を結びつけるサイト「Etsy」と同様に、日本のクリエイターと買い手を結びつけてくれるサイトがありました。その名は「COBO(コーボ)」。

購入だけ&出品だけなら、会員登録・手数料は無料取引成立時に5%のシステム手数料が、出品者側に発生します。取引の手順は、一般的なネットオークションと同様です。

登録ユーザーは、気に入った作品を「マイギャラリー」へ保存でき、ギャラリー経由で購入した場合には、ギャラリーの作成者へ、紹介料として販売額の2%が支払われます。こちらの原資はシステム手数料と別に、出品者へ販売金額の3%の紹介手数料が発生し、ここから販売金額の2%を紹介者(ギャラリー作成者)に、販売金額の1%を運営側に分配する、という仕組みです。

現在のところ、「アクセサリー」「ファッション」「アート」「手芸品」「工芸品」「生活・暮らし」のカテゴリに、合計約200点の作品が掲載されています。Estyが、20万人の売り手と100万人の登録ユーザーに利用されるようになるまで、わずか3年だったように、日本でのユーザーも伸びて、SHAREが活発になるといいですねー。

COBO

(常山剛)

swiper-button-prev
swiper-button-next