特集
カテゴリー
タグ
メディア

Canonのデジタル一眼レフカメラでアメージングな映像が撮れるようになる『Magic Lantern Firmware』

一眼レフのデジカメを持っている人は、たくさんいると思います。中でも、ビデオ撮影もできるCanonのデジタル一眼レフカメラをお持ちなら、ビデオ撮影のオプションが追加できるツール『Magic Lantern Firmware』がオススメです。撮影がさらに楽しくなるような、アメージングな映像を撮れるようになります

ちなみに、Magic Lanternは他のカメラには対応していませんので、最初に書いた通り、Canonのビデオ撮影機能付きデジタル一眼レフカメラを持っていないと、まったく意味がありません。

Magic Lanternを入れると、フォーカス機能の欠陥を補い、新しいマニュアルオーディオ設定を追加でき、新しいフレームレートやより高いビットレートが使えるようになるなど、ビデオに関する諸々をマニュアルで操作できます

これまでも、自分の一眼レフカメラにサードパーティーのソフトをインストールしたり、大金を注ぎ込んでカスタマイズしてきたような、映像狂の人にはかなりいいと思います。ただし、サードパーティーのファームウェアをインストールすると、保証が効かなくなってしまいますので、その点にはご注意を。

普通の映像しか撮れないようじゃつまらない! と思っている方は、Magic Lanternをインストールして、自分のカメラと映像の可能性をグッと広げてみてください。

Magic Lantern Firmware [via Canon Rumors]

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next