特集
カテゴリー
タグ
メディア

ルームシェア相手と、冷蔵庫をうまく共有する方法

オフィスなどの共通の冷蔵庫や棚で食べ物をコソコソ盗む人への対策として、サンドウィッチがカビているように見せる袋の作り方など、米Lifehackerの過去記事でも紹介してきました。

先日紹介された方法は、何をやっても効き目のない場合の、かなりキツい方法...。

その方法とは、チョコレート味の下剤を購入し、お弁当のチョコレートバーに見せかけていれたり、ブラウニーを作る時に入れて焼いて置いておく方法です。こうすれば、今まで盗んできた人は、食べた後、その日の午後は多くの時間をトイレで過ごし、自分のした行為を思い出して、今後は食べ物を盗むことがなくなることでしょう。それに、誰がやったのかも分かるはず

という方法は、コメント欄でも賛否両論だったので、もうちょっとソフトな方法を「ルームシェア入門」からご紹介。

冷蔵庫の共用は、棚ごとに利用者を決めるのがいいでしょう。一人に一段の棚を決めたら、残りは共有スペースにしましょう。個人個人で、食材の量は変わるでしょうから、自分の棚に収まらなければそこに置きます。

冷蔵庫のドアに、油性ペンを一本備え付けておきましょう。似たようなものがある場合、名前を書いたほうが確実です。

スペースによる利用者分けは、オフィスの冷蔵庫でも使えるかも。いつも使っている人は案外限られるものですから、部やチームごとでスペースを分け、掃除や不要品の整理も担当すると、要らぬ争いを減らせるかも。

ネタ元には、外国人とのルームシェア用に、英語での冷蔵庫用文例もありますので、ご参考にどうぞ。

冷蔵庫[ルームシェア入門 ]

via Comments (Ex-Lax) /Comments (Peppers)

Adam Dachis(原文/訳:阿久津美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next