特集
カテゴリー
タグ
メディア

調理中のオーブンやガスレンジのうっかり放置を防ぐ超簡単な方法

寒くなってくると、オーブン料理やコトコト煮込む料理を作る機会が増えるのではないかと思います。

オーブンで調理している間やガスレンジで煮込んでいる間、他の家事や雑事をこなしていると、調理していることをうっかり忘れてしまうこともあるかもしれません。そんな時は、輪ゴムを手首にはめてリマインダーとして使いましょう。

家庭内のテック系ブログ「Unpluggd」に、オーブンで調理をしたり、ガスレンジでコトコト煮込んでいることを忘れないための、超簡単な方法が載っていました。

最初に、輪ゴムをオーブンの取手やガスレンジのつまみに、巻き付けておきます。長時間の調理を始める時は、その巻き付けている輪ゴムを外して手首にはめます。そして調理が終わった後で、また輪ゴムを元の位置に戻します。

こうすると、調理中に外に出ようとしてドアノブに手をかけた時などに、手首のゴムが目に入るので、調理中のオーブンやガスレンジのことをすぐに思い出せます

超簡単でアナログな方法ですが、こういう原始的なやり方が意外と一番効果があったりします。よくうっかりしてしまう人は、ぜひ試してみてください。

Did I Leave the Oven On?! Try the Rubber Band Method [Unpluggd]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next