特集
カテゴリー
タグ
メディア

SimpleStyle 第26回:文章を壁紙にして飾る~かな壁紙変換『kanaWallpaper』

  • カテゴリー:
  • TOOL
■絵で意味を伝える

日本語は漢字、かなが交じって文章ができており、カタカナなんかもありますので、キーボードを使う場合には、かな、または普通は(?)アルファベットでローマ字を使って、文書を書きます。

で、これまた普通は文章を書くと、その文章は「たそがれ」なら「黄昏」とか、「誰ぞ彼」とかと、いろいろな表記になるわけですが、文章がなにかを表象しているのであれば、その「なにか」を直接呼び出してもよいのではないか? と考えたわけです。

絵文字のように、絵で意味を伝えるわけです。絵や写真は多義的ですから、ひとつの言葉からどのような言葉が出てくるかはわかりませんが、そのバリエーションも楽しめるかと思います。

■マッシュアーップ!!!

文章から画像にするために、文章は、Yahoo! の形態素解析APIを使っています。キーワードを抜き出したあとは、Google画像検索を使って画像を呼び出しています。いわゆるマッシュアップってやつですか。

今回は、(たぶん)それほど長い文章を入れるわけではないので、形態素解析の上限(5000回/1日)には、そうそう到達しないと思います。

■将来像も夢いっぱい

画像をどこに表示するかですが、いずれ画像をインラインで入力できる、ワードプロセッサを作ってみたいと思っています。絵文字のかわりに画像で描くワードプロセッサ、というモチーフです。

すこし未来のことになるかと思いますけれども...。

[kanaWallpaper]

(美崎薫)

swiper-button-prev
swiper-button-next