特集
カテゴリー
タグ
メディア

パスフレーズを使ってChrome同期のセキュリティをさらに強化

ブックマークやパスワード、アプリやその他のデータを、Chromeブラウザ間で同期させておきたい、しかし、Google(またはその他)が、自分のウェブ生活へ自由にアクセスできる状態は避けたい、という方のために、Chrome devの最新リリースは、パスフレーズを使ったデータの同期ができます

Chromeのオプションを開き「Personal Stuff」タブから、同期項目内の「カスタマイズ」をクリックします。ポップアウトウィンドウの上部に新しく「暗号化」というタブが出現しているはずです。パラフレーズはここから設定します。

設定が完了すると、パスフレーズなしでは、データを他のChromeへ同期できなくなります。これにより、パスフレーズは暗号化された状態でサーバに保存され、Googleもこのデータへのアクセスはできなくなる、とのことです。

かと言って、パスワードやその他のデータを、ローカルマシンに保存できないわけではないのですが、クラウドデータのセキュリティをもう少し強化したいと思っている人には、心強い味方となってくれそうです。

今すぐ、暗号化されたパスフレーズを使うには、ChromeをDevリリースにアップグレードする必要があります。急がないという方であれば、しばらく待っていればベータ版にも追加されるはずです。

[via #tips]

Kevin Purdy (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next