特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneアプリ『PayPal』を使えば、小切手の写真を使って預金ができる

外国では割と日常的に小切手が使われていますが、小切手を使う習慣があまりない日本人としては、外国に行ってもなかなか使いにくいものです。そんな少々面倒な小切手が「PayPal」に預金できるようになりました。

コツンとすればお金をやりとりできる、でおなじみ、決済プラットフォームPayPalの、iPhoneアプリを使えば、サインして写真を撮った小切手の金額を預金できるようになりました

まず、PayPalアプリにサインインし「Add Funds」で小切手を選びます。次に、サイン済みの小切手の表と裏の両面を写真に撮ります。それから6日後に、小切手の金額が預金に反映されます。

また、PayPalから他の口座にお金を移すのには、1〜2日掛かるので、すぐに預金が必要な場合は、この方法では時間が掛かり過ぎでしょう。ですが、サイン済みの小切手を家に置き忘れたり、財布の中に入れっ放しにしてしまうような人にとっては、とても便利だと思います。

PayPalは無料のiPhoneアプリです。使用するには、もちろんPayPalのアカウントが必要です。

PayPal for iPhone, iPod touch, and iPad [iTunes Store via Gizmodo]

Kevin Purdy(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next