特集
カテゴリー
タグ
メディア

『indexhibit』、クリエイターのための「魅せる」web作成ツール

こんばんは、編集委員の早川大地です。

時々海外のブランドやデザイナー、写真家などのページで、白バックに左側がメニュー、右側にどかーんと大きな写真、みたいなシンプルでスタイリッシュなwebサイトを見かけることはありませんか? たとえばこんなのとかこんなのとかこんなのとか。これらはみなindexhibitというツールで作られています。 日本のサイトではほとんど見かけることが無いのですが、ヨーロッパを中心に世界中で愛用されているツールです。

indexhibit』はイギリス人のデザイナーDaniel Eatockらを中心に開発されたCMSプラットフォームです。WordpressやMobile Typeなどと基本的には同じ種類のWeb制作ツールなのですが、『indexhibit』はブログ機能が無く、pluginやwidgetなどもありません。とにかくシンプル、デザイン性に特化しています。

なので、『indexhibit』でwebを作ればわずらわしいブログ更新に悩まされることも無く、カレンダーやニュースといった無駄なwidgetをごてごてと付ける必要もありません。そのかわり、写真を一枚どーんと見せたり、サムネイルで並べたり、スライドショーにしたり、と自分の"作品"をシンプルに打ち出していくことに集中できるのです。もちろんそのシンプルさゆえにwebの知識が少ない人でもさっと扱えるのも特徴です。

動作条件は

  • Linux/Apache server*
  • PHP4
  • MySQL 3.23
  • FTP application (Mac: Cyberduck / PC: Filezilla)
  • * Apache on Windows is not supported

とのことなので、通常のMySQLが使えるレンタルサーバならば大丈夫でしょう。

インストール&セットアップ後の画面

hayakawa_in_1.png

この画面からして、とにかくシンプル!カテゴリ(info,musicなど)の下に記事(top,pofileなど)を作ることができ、それぞれの記事を作成することができます。記事ごとの表示/非表示は緑/赤のランプで表されます。

hayakawa_in_2.png

このように『indexhibit』の基本は写真なので、まず写真をアップして、それに対してキャプションをつけたり、右側のプルダウンメニューで表示方法を選択することができます。いまはSlideshowとなっていますが、カラム表示にしたり、背景表示にしたり等の機能が充実しています。

もちろん直接Stylesheetに手を加えて、 ガラっと見え方をいじってしまってもかまいません。

というわけで『indexhibit』の紹介でした。クリエイターの皆様。これを使えば、ちょっと一味違うプレゼンができますよ。

ちなみに筆者もサイトを作ってみました。Topページでスライドショー機能を使っています。

ライフハッカー[日本版]編集委員・早川大地)

swiper-button-prev
swiper-button-next