特集
カテゴリー
タグ
メディア

Mac OS Xのアプリ切り替えショートカット「Command+Tab」に「Option」を足すとどうなるか?

Mac OS Xで「Command+Tab」キーと言えば、アクティブなアプリを簡単に切り替えられる、便利なショートカットです。

これに「Option」キーを組み合わせると、新しいウィンドウを開いたり、最小化したウィンドウを開くことができるって、知ってましたか?

Macのアプリは、アプリのウィンドウがなくても開いたままにしておけるので、その時ウィンドウが開いていないアプリも、「Command+Tab」で切り替えられるアプリの一覧に入っています。

そういう時に、ウィンドウのないアプリで新しいウィンドウを開きたい時は、「Command+Tab」でそのアプリを選び、「Option」キーを押して、「Command」キーをはなします。すると、そのアプリの新しいウィンドウが開きます。ウィンドウを最小化しているアプリの場合は、同じショートカットキーを使うと、最小化されたウィンドウが開きます

「Command+Tab」でアプリを切り替えることの多い人にとっては、「Option」キーを使うだけで新しいウィンドウや最少化したウィンドウが開くので、相当便利だと思います。ただしこの操作、キーボードの位置的に指の使い方や、キーを押してはなすタイミングが意外と難しいです。慣れるまで何度か練習してみてください。

Tip: Top Open a New Finder Window [Macintoshing via One Thing Well]

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next