特集
カテゴリー
タグ
メディア

漫画が警鐘する、同じパスワードを使いまわすリスク

短いものよりも長いほうがセキュリティ度が高いとか、生年月日、自宅の住所、電話番号といった他人から推測されやすいものは避けるべきなど、パスワードにまつわる基本的な「安全対策」はいろいろあります。しかし、他人から知られにくい超難解なパスワードをつくりあげたとしても、これを複数のウェブサービスやウェブサイトで使ってしまうと、元も子もありません

漫画形式で様々なテーマをわかりやすく解説する「XKCD」では、同じパスワードを使いまわすリスクについて、ショートコミックで説明しています。

オンラインバンキングやウェブメール、Twitter/Facebookなどのソーシャルネットワークはもとより、多くのウェブサービスでは、ユーザ名とパスワードを設定する仕組みになっていますね。「忘れちゃいけない」との思いから、つい同じパスワードを複数のウェブサービスで「使い回し」がちですが、これでは、有象無象のサービス運営者たちに、自分の大事な「鍵」をバラまいてしまっているのと同じ。オンラインバンクやメールなどに不正アクセスされるなど、自分の知らないところで悪用されてしまうおそれがあります。

複数のパスワード管理は「LastPass」などのパスワード管理ツールに任せて、面倒でも、ウェブサービスごとにパスワードは変える習慣をつけることが、望ましいでしょう。一時的な利用だけなら、「BugMeNot」のようなツールを使って、ユーザ登録せずにログインするのも一法ですよ。必要に応じて、これらのツールの助けを得ながら、安全に便利にウェブを使いこなしましょう。

Password Reuse [xkcd]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next