特集
カテゴリー
タグ
メディア

幸せバランスが最適な収入額っていくら? 米調査結果が明らかに

お金がなければ生きていけないが、お金だけでは幸せになれない。では、ヒトはどれくらいの収入があれば、幸せを感じられるのでしょう? 米国で興味深い研究結果が明らかになりました。

米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」では、経済学者Angus Deaton氏と心理学者Daniel Kahneman氏が、米国人45,000人を対象に実施した、ある研究結果を紹介しています。日々の満足感と、より広範囲な満足度を測る「ライフ評価」の2つの要素から、収入額との関係を調べたところ、一定額を超えると、お金は生活の満足感に影響を与えなくなることが、明らかになりました。

では、このポイントとなる金額はいくらなのでしょうか?

この調査によると、年収75,000米ドルが分岐点だとか。この金額に達するまでは、収入が増えるにつれ、自身のライフ評価も上がっていくのですが、75,000米ドルを超えると、日常の気分や満足感に収入の増加は作用しなくなるそうです。

もちろん、生活する地域やライフスタイルによって一概にはいえませんが、お金が増えれば増えるほど、幸せになれるわけではない、という調査結果は興味深いですね。

ちなみに、円高トレンドの昨今、75,000米ドルが日本では「目減り」気味。9月8日時点の為替レートだと約627万円ですが、ちょっと少ない感じも...?

The Perfect Salary for Happiness: $75,000 [WSJ]

Adam Pash(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next