特集
カテゴリー
タグ
メディア

「JayCut」は便利なウェブベース動画エディター

  • カテゴリー:
  • TOOL

自宅以外の場所からちょっと動画を編集、という場合、フリーのウェブベース動画エディタ「JayCut」がお勧めです。必要な作業がカットアンドペーストのみの場合や、テキストを埋め込みたい場合はもちろんのこと、シーンの切り替え方法を変更させたり、音声をかぶせたりもできます

JayCutはウェブツールながらも、機能性では、iMovieやWindows Movie Makerに匹敵するほどのツール(Adobe PremiereやFinal Cutにはもちろん及びませんが)。トラックが二つあり、動画クリップ、音声をアップロードして追加し、テキストの追加やシーンの切り替え指定などができます。マイクを使って直接ウェブアプリに録音、ウェブカメラ経由での動画撮影も可能です。作業が終了したらYouTubeにアップしたり、H.264フラッシュ動画、H264 MPEG-4、またはXvid AV1としてエクスポートできます。

使ってみると違和感を感じる箇所は、例えば、シーン切り替えは別々のトラックの動画と動画を、オーバーラップするように配置する必要があったり、動画のプレビューは動画の先頭からしかできない、といった点です。しかし、ブラウザから使えるツールとしてはかなり優秀です。

プロジェクトを保存したい場合、アカウント登録が必要となります。また予期せぬ問題が起こる可能性もあるので、長い動画編集を始める前には、自分のブラウザとの相性も確かめておいて下さい

使ってみたかたは、ぜひ感想をコメントで教えてください!

JayCut [via AddictiveTips]

Whitson Gordon (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next