特集
カテゴリー
タグ
メディア

Windowsで文字化けしないZIPファイルをMacで作る

  • カテゴリー:
  • TOOL

MacBook Proを購入してから、Macばかりの傍島です。非常に機嫌良く使っているのですが、唯一面倒なのが、WindowsユーザーとのZIPファイルのやりとりです。

多くのMacユーザーが経験していると思いますが、Mac OS Xの標準機能で作成したZIPファイルをWindowsで解凍すると、ファイル名が文字化けします。これは、Mac側がUNICODEで処理し、Windows側がシフトJISで処理している為です。Windowsの解凍ソフトがUNICODEに対応していれば問題ないのですが、そうでないことも多いので、Mac側で何とかすることになります。

私の場合、仕事でZIPファイルをやりとりすることがあるので、念には念を入れて、圧縮の為だけにVirtualBoxでWindowsを起動して、ファイルを圧縮するという、大げさなことをしていました。こんな面倒なことをしている人は少ないと思いますが、同じ悩みを抱えている方は『MacWinZipper』をお試し下さい。

続きは、以下で。

MacWinZipperを使えば、Windowsで文字化けせず、Mac特有のリソースファイルを除去して、クリーンなZIPファイルが作れます。また、必要に応じて暗号化されたZIPファイルを作ることもできるので、仕事でも活躍するはずです。

MacWinZipperの使い方は簡単で、起動して圧縮したいファイル群を、ウインドウにドロップするだけです。ZIPファイルは、ファイルと同じ場所に作成されます。面倒な設定なく、すぐに使えるので、Windowsユーザーとのやりとりが多い方には、オススメのソフトです。

冒頭で書いたように、私は非常に大げさな方法でZIPファイルを作成していたので、MacWinZipperのおかげで非常に楽になりました。

[MacWinZipper]

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next