特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事の創造性と生産性を上げるには、朝起きて1分でも早く仕事をするのがいいらしい

1日の仕事始め、いつ、どんな感じで始めていますか? 会社勤めであれば、決まった時間に出社するなど、規則正しいルーティンがあると思いますが、フリーランスや自営業では、日によって違うという人もいると思います。ですが、1日のスタートをどうするかが、仕事の創造性や生産性に大きく関わっているらしいのです。

フリーランスのための情報ブログ「Freelance Switch」に、朝のルーティンが1日の仕事を変えると載っていました。例えば、クライアントとの打ち合わせがある日は、朝起きて、シャワーを浴びて、まともな格好に着替えて、メールをチェックして、少し早めに着くように出かけるという感じでしょう。外に出かける必要がない日でも、1日のリズムを作るために、同じように着替えたり、メールをチェックしてから、仕事に取りかかる人もいると思います。

ところが、1日中家にこもって仕事をする日であれば、朝起きたら、すぐにパソコンの電源を入れて、寝起きの格好のままでも、髪に寝癖がついたままでもいいので、とにかく1分でも早く仕事をする方がいいらしいです。クリエイティブな仕事の能力というのは、陽が昇れば昇るほど減少していくというのです。

ですから、自分の創造性や生産性を、最大限に仕事に生かしたいのであれば、朝9時に起きたら、そのまま机に向かって仕事を始めてみてください。朝に弱くて、寝起きすぐに仕事なんてできないよ...という人は「今すぐやる気が出る方法ベスト10」や「気分が乗らない自分を強制的にテンションアップさせる5つの方法」などとの、合わせ技で取り組んでみてはどうでしょうか。意外とはかどるかもしれませんよ。

Increasing Creativity and Productivity with Your Morning Routine [Freelance Switch]

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next