特集
カテゴリー
タグ
メディア

ガンコな汚れに、使用済みコーヒーが使えるらしい

美味しく淹れたあとのコーヒーのカス、ポイっと捨ててしまってはいませんか? コーヒーは、私たちに癒しの一杯を与えるだけでなく、防虫や消臭などでも活躍してくれる、優れもの。こちらでは、使用済みコーヒーの使い道について、さらにご紹介しましょう。

DIY系雑誌「MAKE」では、読者から寄せられたアイデアとして、使用済みコーヒーを使って、ガンコな汚れをキレイに取る方法を紹介しています。

この読者は、タール状の素材を使って屋根を修理したところ、ナイフやドライバーといった道具はもちろん、手にもタールがベッタリとついてしまい、なかなかとれなかったそう。

そこで、コーヒーの残りカスを研磨剤のように使ったところ、タールがスルっと剥がれて、あっという間にキレイになったそうです。また、コーヒーに含まれる油分によって、再び汚れがくっつくこともないとのこと。ちなみに、エスプレッソやターキッシュ・グラインドのように、コーヒーの粒子が細かいもののほうが、より使いやすいそうですよ。

定期的にコーヒーを淹れる方は、使用済みコーヒーを、身の回りのお手入れにも、ぜひ活用してみてください。コーヒーの「第二の人生」のアイデアとしては、ライフハッカーアーカイブ記事「そのまま捨てちゃモッタイナイ。使用済みコーヒーの活用術10選」もあわせて、ご参考にどうぞ。

Your Comments: Re-Using Coffee Grounds [MAKE]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next