特集
カテゴリー
タグ
メディア

レンジでチン! カンタン・安い・美味しいポップコーンの作り方(2010年夏版)

ポップコーンといえば、映画館の定番スナック。夏には、フェスやお祭り、文化祭の出店などでも、美味しい香りを届けてくれますね。さて、以前、ライフハッカーでは、電子レンジを使ってポップコーンを自宅でカンタンに作る方法を、ご紹介しましたが、こちらでは、久しぶりにこのテーマについて、さらに採り上げてみたいと思います。

節約系情報ブログメディア「Squawkfox」では、割高な上、化学調味料や添加物が含まれている、市販のポップコーンよりを買うよりも、自分で作ったほうが、美味しく、安全で、安いと指摘。具体的な手順をまとめています。詳しくは、画像付のネタ元記事をご覧いただくとして、大まかには、以下の4ステップです。

1: 紙袋を調達する

お店で商品を入れるときに時々使われる、茶色の紙袋を調達する。

2: 紙袋にポップコーンを入れる

ポップコーン豆を、1/2カップ紙袋に入れたら、2回折って封をする。

3: 電子レンジでチンする

紙袋を電子レンジに入れて、3分程度、加熱する。1秒に1~2回くらいまで、ポップコーンのはじけ具合が遅くなったら、電子レンジを止めるのがコツ。

4: お好みのフレーバーをつける

ポップコーンに好みの味をつける。バターと塩がポピュラーだが、ポップコーンは、甘い系にも辛い系にも、アレンジできるのが魅力。たとえば、以下のようなフレーバーもオススメ。

  • メキシカン風:チリパウダー、ホットソース、塩を加える。
  • にんにく風味:オニオンパウダーとガーリックパウダーの中で、振る。
  • チーズ:パルメザンチーズと塩をあわせる。
  • スウィーツ風: シナモン、砂糖に、蜂蜜をトッピングする。

ちなみに、原料となるポップコーン豆は、大規模スーパーや食品問屋、輸入食材店などのほか、Amazon楽天市場でも購入可能。また、ライフハッカー読者のmerlionさんによると、紙袋の代わりに、パイレックス製耐熱ガラス容器(フタ付)を使って、電子レンジでチンしても、美味しいポップコーンができるそうです。

merlionさん、貴重な情報をどうもありがとうございました!

他にも、ポップコーンにまつわる、とっておきのヒントやコツをご存知の方は、ぜひコメント欄で教えてくださいね!

How to Microwave Gourmet Popcorn in a Brown Paper Bag [Squawkfox via Wise Bread]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next