特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:白と赤のコントラストを効かせつつ自然光で明るく

狭いスペースに仕事場を無理矢理作って、自然光がまったく入らないようなことになっていたりしませんか? 今回は、窓際で、ふんだんに自然光を取り込んだ、明るい仕事場をご紹介しましょう。

これは、米LH読者のcspieglさんの、自宅の仕事場です。屋根裏部屋のように、傾斜した天井部分は、化粧板で覆います。天井や窓枠など、すべてを白にすることで、窓から入った光が反射して、さらに部屋が明るくなります。壁や机の天板を白くすると、光を反射するだけでなく、クリーンで広々とした感じがします

それから、白一色だと無機質な印象になりがちですが、イスとキャビネットの赤が、アクセントとして効いています。白と赤の、はっきりとしたコントラストもいいですね。写真ギャラリーで、じっくりとご覧ください。

redwhiteoffice1redwhiteoffice2redwhiteoffice3redwhiteoffice4

ご自慢の仕事場をお持ちの方は、こちらのFlickrに写真を投稿して、ぜひとも見せてくださいね。ライフハッカーでご紹介させていただくかもしれません。

Beadboard and White Spaces: A Comfy Home Office [via Lifehacker Workspace Show and Tell Pool]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next